“美しすぎる囲碁棋士”黒七段、日本でのタレント活動意欲

[ 2019年2月23日 05:30 ]

上野愛咲美女流棋聖に勝利し笑顔で会見する黒嘉嘉七段
Photo By スポニチ

 囲碁の「ワールド碁女流最強戦2019」のトーナメント1回戦が22日、東京・市谷の日本棋院で行われた。20日に仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)と対局した台湾の女性トップ囲碁棋士黒嘉嘉(こく・かか)七段(24)が登場、日本の上野愛咲美女流棋聖(17)に勝利した。

 台湾でトップモデルとしても活躍する黒七段は“美しすぎる囲碁棋士”と注目が集まっている。「碁に集中していて(注目を)あまり感じていない」と語ったが、日本でのタレント活動の可能性について「機会があればぜひ」と意欲を示した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年2月23日のニュース