チコちゃん、ゲスト紹介で“らしさ”発揮!雛形あきこを「野田さんとこのコ」田中要次を「あるよ!」

[ 2019年2月23日 20:14 ]

「チコちゃんに叱られる!」の人気キャラクター「チコちゃん」
Photo By スポニチ

 NHKの人気バラエティー「チコちゃんに叱られる!」が22日(金曜後7・57)23日(土曜前8・15)に放送され、今回も“チコちゃん節”がさく裂した。

 オープニングで「どうもー!チコでーす!永遠の5歳です。今日もよろしくお願いしまーす!」と元気よくあいさつ。ゲストのタレント雛形あきこ(41)と俳優の田中要次(55)を紹介する場面では「まずは野田さんのとこのコでーす」と雛形の名を告げずに、所属事務所の名物会長、野田義治氏(72)の名を絶叫。雛形は苦笑いだった。

 続けてチコちゃんは田中のことを「“あるよ”でおなじみ、BoBA(ボバ)でございます」と紹介。大ヒットしたフジテレビのドラマ「HERO」で、田中が演じたバーのマスターの名セリフを使った。「BoBA」については田中自身が「最初にやった役名『BoBA』が言い伝えられている」と説明。チコちゃんが「演劇界ではBoBAさんって呼ばれているもんね」と反応すると「よく知ってるねえ」と驚いていた。

 今回の放送では「なぜレジ袋を使うようになったの?」「ニワトリはなぜ首を前後に振りながら歩くの?」「ろくでなしの“ろく”って意味は?」「爪って何?」の疑問が明らかに。

 レジ袋を使うようになったきっかけについて、チコちゃんが「女性のストッキングを守るため」と答えを発表。レジ袋の原型は多摩川のナシ園が“発祥”だといい、竹カゴでストッキングが伝線したという女性からのクレームが多発。袋メーカーがポリエチレンでつくったナシ袋をつくり、これが好評でスーパーマーケットなどに広まったという。

 事実を知った雛形は「たしかに、あんなカゴだったら、すぐに伝線していたと思います」と目を丸くしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年2月23日のニュース