「万引き家族」仏での授賞式に誰も出席せず 是枝監督が謝罪「大変失礼な事態になってしまった」

[ 2019年2月23日 12:13 ]

是枝裕和監督
Photo By スポニチ

 フランス映画の年間最高作品などを決める「第44回セザール賞」授賞式が現地時間22日にパリで行われ、是枝裕和監督(56)の映画「万引き家族」が外国映画賞を受賞した。

 同作は昨年5月に開催された「第71回カンヌ国際映画祭最高賞」でのパルムドール(最高賞)に続いての受賞。カンヌでの快挙を受け、パリでは初登場1位の大ヒットを記録しており、フランス版アカデミー賞といわれる本賞の受賞となった。

 受賞を受け、是枝監督は作品の公式ツイッターを通じ、コメントを発表した。栄誉なことにも関わらず、手違いでスタッフ、キャストが誰も授賞式に参加できないというハプニングがあったことを明かし、「大変失礼な事態になってしまったことをセザール賞関係者のみなさまに、スタッフを代表してお詫び申し上げます」と謝罪。ただ、受賞については「『万引き家族』はフランスで大変評価をいただきまして、たくさんの方に劇場に運んでいただき、ありがとうございました。カンヌのパルムドールがこの作品の出発だったので、その旅がセザールにたどり着くということで、幸せな旅の締めくくりが出来ました」などと喜びをつづっている。

 こうした事態に、是枝監督も自身のツイッターで「困惑と嬉しさと半々です」と複雑な心境を吐露した。

 同作は、日本時間25日に授賞式が行われる「第91回米アカデミー賞」でも、外国語映画賞部門でノミネートされている。

 是枝監督のコメント全文は以下の通り。

 フランスのセザール賞外国語映画賞を受賞したという嬉しい知らせを、ここロサンゼルスで受け取りました。

 セレモニーに参加出来ず大変残念です。

 もし受賞したら、ということで念の為コメントを記し、フランスのスタッフに託していたのですが、何か手違いがあったらしく、トロフィーを受け取るスタッフが誰も会場におらず、コメントも代読されない、という大変失礼な事態になってしまったことをセザール賞関係者のみなさまに、スタッフを代表してお詫び申し上げます。

 事前に用意していたメッセージは以下の通りです。

 「フランスの皆さん、こんにちは。映画監督の是枝弘和です。

 このメッセージが読まれているということは『万引き家族』がセザール賞を受賞したということですね。ありがとうございます。まだ結果もわからずにこのメッセージを書いているんですけれど、なぜなら、当日そちらにお伺いできないんです。本当にすみません。

 『万引き家族』はフランスで大変高い評価をいただきまして、たくさんの方に劇場に足を運んでいただき、ありがとうございました。カンヌのパルムドールがこの作品の出発だったので、その旅がセザールにたどり着くということで、幸せな旅の締めくくりが出来ました。カンヌの関係者の方達にも感謝していますし、この作品のフランス公開を成功に導いてくれましたル・パクトの方々、ワイルドパンチの方々にもお礼申し上げます。

 昨年10月から12月にかけて撮っていた新作の映画の編集が今、大詰めを迎えているところです。新作は、カトリーヌ・ドヌーヴさん、ジュリエット・ビノシュさんを中心にした家族の物語なんですけれども、こちらの作品で、もし、またセザール賞にノミネートしていただけたら、次は必ずセレモニーに参加したいと、思っております。

 ありがとうございました。是枝でした」

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年2月23日のニュース