横澤夏子「絶対に託児所作る」阿佐ヶ谷姉妹に敗れるも…決意あらたに

[ 2018年12月11日 10:52 ]

横澤夏子
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの横澤夏子(28)が10日に自身のインスタグラムを更新。同日に日本テレビ系で放送された日本テレビ系「女芸人No.1決定戦 THE W 2018」(後8・00)で、優勝を逃したことへの悔しさや、大会前に掲げていた強い思いについて、あらためてつづった。

 10組が参加した決勝を勝ち抜き最終決戦に駒を進めたが、阿佐ヶ谷に敗れた。大会終了後に更新したインスタグラムでは「#theW応援ありがとうございました」「#悔しすぎーーー」と、頂点に立てなかった思いを言葉にした。

 決勝進出が決まった際には「賞金1000万円で『ルミネtheよしもと』に託児所を作りたい。何人ものお母さんが、赤ちゃんがネタの途中で泣いちゃって、『ごめんなさい』と言いながら出ていく姿を見たので」と語っていた横澤。この発言に賛同の声があったとし「たくさんの応援メッセージとってもとっても嬉しかったです」「涙が出るほどうれしかったです」と感謝、さらに「#子育て奮闘中のリアルお母さんにもネタを見てもらえるように#絶対にルミネtheよしもとに託児所を作る#絶対頑張るんだからー」と、あらためて宣言した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2018年12月11日のニュース