「ぶすに人権はない」炎上報道のモデル 所属事務所から契約解除

[ 2018年5月19日 18:40 ]

 過去のツイートが問題視されていたモデルで俳優の夏目雄大(21)が18日、所属事務所から契約を解除された。事務所の公式サイトで発表された。

 事務所は「一部報道を受けて、調査した結果、弊社所属夏目雄大が芸能界に入る以前、2013年頃に一部不適切な投稿があったことを確認いたしました。加害行為自体はなかったものの、社会的な影響も鑑み、弊社所属俳優夏目雄大との契約を本日付で解除いたしました。また多くの皆さまには多大なご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げるとともに、ここにご報告させていただきます」とし、謝罪した。

 夏目は過去に「ぶすに人権はない」「妊婦さんに膝カックンして絶望させる遊び」などとツイートし、炎上していると一部で報道され、所属事務所は今月12日に「この度、弊社所属の夏目雄大に関する一部報道について、日頃より応援していただいているファンの皆さまはじめ、関係者の皆さま、また、不快に思われた方々に対して、多大なご迷惑とご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます」と謝罪。「今後の対応として所属タレントの指導の徹底と、再発防止の教育を実施いたします。また、内容につきましては、現在調査中ですので、処分などを含め、対応につきましては、あらためて発表させていただきます」としていた。

 夏目は昨年、舞台「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」シリーズに出演していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年5月19日のニュース