関ジャニ・大倉忠義 眠りを妨げるメンバーに「いつか仕返しを」

[ 2018年4月13日 15:05 ]

「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」制作発表に出席した大倉忠義
Photo By スポニチ

 俳優のディーン・フジオカ(37)と関ジャニ∞の大倉忠義(32)が13日、都内でフジテレビの新ドラマ「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」(木曜後10・00)の制作発表に出席した。

 同ドラマは「巌窟王」で知られる小説「モンテ・クリスト伯」が原作。主演のディーンがすべてを奪われ、“復讐鬼”と化すノンストップ復讐劇。ディーンは演じる上で「幸せから地獄に突き落とされる変化を役作りでやっていこうと思いました」と語った。

 また大倉は「フジテレビの連続ドラマ初めてオファーいただきまして、うれしく思ってます」と喜び。ドラマの内容にちなみ、復讐したいと思ったことを聞かれると「眠りを妨げられることが苦手なんですが、楽屋にいると(関ジャニ∞の)メンバーが僕が寝ている時だけ起こしてくる。ずっと『大倉〜、大倉〜』って言ってくるので、いつか仕返ししたい。やりやすいメンバーを見つけていつかやってやろうとは思ってます」と話して、笑いを誘っていた。

 イベントにはほかに共演の山本美月(26)、新井浩文(39)、高橋克典(53)も出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年4月13日のニュース