マライア・キャリー そううつ病告白、治療と薬物投与始める

[ 2018年4月13日 05:30 ]

 米人気歌手マライア・キャリー(48)が11日までの米誌ピープルとのインタビューで、双極性障害(そううつ病)を患っていることを告白した。2001年に診断されたが、受け入れることができず、最近治療と薬物投与を始めた。

 マライアは「最近まで否定と孤独の中で過ごし、常に誰かに暴露されるかもしれないと恐れていた」と打ち明けた。治療後は調子が良く、スタジオで新作に取り掛かっているという。双極性障害はうつ状態とそう状態を繰り返す気分障害の一つ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年4月13日のニュース