佐藤二朗「わずかでも彩りを」意外や三谷幸喜氏脚本に初参加「黒井戸殺し」刑事役でアドリブ必見

[ 2018年4月13日 13:30 ]

脚本家・演出家の三谷幸喜氏がミステリーの女王アガサ・クリスティーの名作を脚色するドラマ第2弾「黒井戸殺し」に出演する佐藤二朗(C)フジテレビ
Photo By 提供写真

 脚本家・演出家の三谷幸喜氏(56)がミステリーの女王アガサ・クリスティーの名作を脚色するドラマ第2弾、フジテレビ「黒井戸殺し」(14日後7・57〜11・10)に、俳優の佐藤二朗(48)が出演する。

 2015年1月に高視聴率をマークし、好評を博した「オリエント急行殺人事件」(第一夜=16・1%、第二夜=15・9%、ビデオリサーチ調べ、関東地区)に続き、狂言師の野村萬斎(51)が主演し、名探偵・勝呂武尊(すぐろ・たける)に扮する。今回は、推理小説史上に残るクリスティーの名作「アクロイド殺し」の日本初映像化に挑んだ。

 「アクロイド殺し」は、クリスティーが1926年に発表した6作目の長編小説。名探偵エルキュール・ポアロのシリーズ3作目に当たる。英国の片田舎キングズ・アボット村で、村の名士アクロイド氏が短刀で刺殺されるという事件が発生。その直前には、アクロイド氏の婚約者フェラーズ夫人も睡眠薬による自殺を遂げていた。町医者・シェパードは2人の検死を担当し、異常事態を手記に書き留める。

 シェパード医師の手記を読む形を採り、物語は展開。結末におけるトリックの斬新さは当時世界中に衝撃を与え、そのトリックをめぐり「フェア・アンフェア論争」が引き起こされ、長らく「映像化不可能」とされてきた。

 「黒井戸殺し」は物語の舞台を昭和27年(1952年)の日本に置き換え。名探偵ポワロ→勝呂(萬斎)と相棒を組み、事件の謎に立ち向かうシェパード医師→柴平祐役に大泉洋(45)を起用。佐藤は、村の名士・黒井戸禄助(遠藤憲一)が殺害された事件を追う警部・袖丈幸四郎を演じる。

 三谷作品は初出演。「初参加となる三谷さんの脚本に、わずかでも彩りを加えられればと思い、演じました。共演者も、いずれもハートとテクニックを持った方々ばかり。大げさでなく一緒に芝居をするのが夢のように楽しい時間でした。“歴史に残る”と言われる壮烈なトリックを存分にご堪能ください」と振り返っている。

 同局の渡辺恒也プロデューサーは「意外でしたが、三谷作品は初出演でいらっしゃいます。勝呂に憧れている優秀な刑事というキャラクターを、二朗さんならではの独特の雰囲気で作り上げてくださいました。脚本に書かれている以外のユーモラスなアドリブにもご注目ください」と呼び掛けている。

 余貴美子(61)草刈民代(52)向井理(36)和田正人(38)が三谷作品に初参加。三谷作品の常連と言える松岡茉優(23)秋元才加(29)寺脇康文(56)藤井隆(46)今井朋彦(50)吉田羊(年齢非公表)浅野和之(64)斉藤由貴(51)遠藤憲一(56)と豪華キャストが勢揃い。演出は「世にも奇妙な物語」シリーズや「リーガルハイ」シリーズ、「マルモのおきて」などの城宝秀則氏が担当した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年4月13日のニュース