朝ドラ「わろてんか」全151回の総合視聴率24・2%

[ 2018年4月9日 13:26 ]

葵わかな
Photo By スポニチ

 女優の葵わかな(19)が主演したNHK連続テレビ小説「わろてんか」の全151回の総合視聴率が24・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが9日、分かった。 同局が発表した。

 総合視聴率とは、リアルタイム視聴率とタイムシフト視聴率(録画機器などで放送後7日以内に視聴)の合計(重複は差し引く)。リアルタイム視聴率は20・1%、タイムシフト視聴率は5・3%だった。

 前作の17年前期「ひよっこ」の総合視聴率は25・2%、16年後期「べっぴんさん」は25・0%。

 「わろてんか」は、吉本興業創業者・吉本せいさんの生涯をモチーフにしたオリジナル作品。明治後期、京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長女として生まれた藤岡てん(葵)が、夫・藤吉(松坂桃李)と寄席の経営に乗り出し、大阪を“笑いの都”に変える姿を描いた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年4月9日のニュース