【明日4月10日の「半分、青い。」】第8話 ガキ大将ブッチャー好演の大竹悠義に懐かしさ

[ 2018年4月9日 13:00 ]

連続テレビ小説「半分、青い。」第8話の1場面。母・晴とケンカし、家を飛び出す鈴愛(矢崎由紗)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)は10日、第8話が放送される。

 学校からの帰り道、不意にめまいを起こした鈴愛(矢崎由紗)。バランスを崩し、倒れそうになったところを助けたのは律(高村佳偉人)だった。そんなある夜、晴(松雪泰子)は、鈴愛がいじめっ子・ブッチャー(大竹悠義)に投げたゴミ箱が律に当たり、ケガを負わせていたことを聞く。どうして黙っていたのか問い詰めるが、鈴愛は頑なに答えず。2人は大ゲンカになってしまう。

 朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げる姿を描く。

 【+α】鈴愛と同級生の通称「ブッチャー」こと西園寺龍之介を好演中なのが、子役の大竹悠義(9=よしはる)。「昔、こんなガキ大将、いたよねぇ」と懐かしくなる、いい味を出している。鈴愛役の矢崎由紗(8)のみならず、大竹にも注目したい。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年4月9日のニュース