高木美帆、泣きながら激怒 姉・菜那が明かした“コンプレックス”

[ 2018年4月9日 22:22 ]

スピードスケートの高木美帆
Photo By スポニチ

 平昌五輪の団体追い抜き(パシュート)で金メダルを獲得した高木美帆(23=日体大助手)、高木菜那(25=日本電産サンキョー)、佐藤綾乃(21=高崎健康福祉大)、菊池彩花(30=富士急)が9日放送の日本テレビ「しゃべくり007 ウワサの美女2時間SP」(月曜後9・00)に出演。芸能人で会いたい人やコンプレックスについて明かした。

 4人そろってのテレビ番組出演はシーズン後初めて。「パシュート4人娘の今夜だけ女子会」というテーマでトークを展開。“芸能人で会いたい人”を聞かれると、菜那は「松坂桃李さん」美帆は「菅田将暉さん」菊池は「長瀬智也さん」佐藤は「新田真剣佑さん」と答えた。美帆は菅田の名を挙げた理由を「多才な人。私も他種目に挑んでいるので、話をお聞きしたい」と答えた。

 それぞれの“コンプレックス”については、菜那は「髪をネジネジすること。眠いとき、緊張しているときに触ってしまう」と告白。美帆が「目を開けたまま寝る。本当にイヤだったので、小学生の時にからかわれたら怒ってました」と話すと、姉の菜那に「携帯電話で(寝顔を)撮影したら泣きながら怒ってました」と暴露され、苦笑いだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年4月9日のニュース