バナナマン設楽 日村結婚を祝福「すごくお似合い」 お相手・神田は「ぶっ飛んでいる」

[ 2018年4月9日 10:16 ]

バナナマンの設楽統(左)と日村勇紀
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「バナナマン」の設楽統(44)が9日、MCを務めるフジテレビ「ノンストップ!」(前9・50)に出演し、フリーアナウンサーの神田愛花(37)と結婚した相方・日村勇紀(45)との秘話を語った。

 日村はTBSラジオ「バナナマンのバナナムーンGOLD」(金曜深夜1・00)で神田との結婚を発表。番組冒頭から日村の結婚の話題となり、設楽は「すごいですね、日村さんのことからやるんですね」と笑いながら「素敵な神田愛花さんと結婚されて」と祝福。3月まで同番組でMCを務めていた同局の山崎夕貴アナ(30)も、レギュラーのLiLico(47)も結婚を発表したばかりとあり、「山崎さんも、日村さんも結婚して、おめでたいですけどね」と笑顔を見せた。

 婚姻届の証人となった設楽は、書いてすぐに届けを出す予定だった日村に「書類に不備があると受け付けてもらえないから、間違えないように超見張られていて…変なこと書かないでねって」と苦笑し、「ずっと見ていて、緊張しちゃいましたよ」と振り返った。

 結婚の報告は「1カ月、もっと前かなぐらい」だったとし、その後、3人で食事会を開いたという。2人について「すごくお似合い。神田さんも日村さんと負けず劣らず、ぶっ飛んでいる。発言とかが面白い。お似合いですね」と印象を語った。設楽家でも2人などを招いたお祝いの会を開いたといい、「日村さんもハッピーだったんでしょうね、めちゃめちゃ酔っぱらって、次の日の仕事遅刻したんです」とまさかの暴露。それでも「凄く楽しい会でした」。

 日村のことを神田が“ソール”を呼んでいることに話が及ぶと、「食事会でも最初は(神田は)“日村さん”って呼んでいたけど、時間が経つにつれて、“ソール”って呼び出して。普通に『ソールがさぁ』『ソールおいしいね』って。みんなこっちはザワザワした」と笑わせ、「理由は聞いたんだけど意味がわからない」と苦笑し、微笑ましいエピソードを明かした。

 日村について「奇想天外」と評しつつ、「日村さんも年齢とともに、穏やかになって、吸収する感じは神田さんも良かったのかな。神田さんもすごい、ぶっ飛んでるから。2人とも面白い」と笑顔を見せた設楽。最後は「幸せにね、末永く。おめでとう」と相方を祝福した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年4月9日のニュース