三原じゅん子氏“24歳差婚”は「さんま御殿」が決め手「彼が周りを固められ…」

[ 2018年3月13日 21:24 ]

参議院議員の三原じゅん子氏
Photo By スポニチ

 元女優で参議院議員の三原じゅん子氏(53)が13日放送の日本テレビ「踊る!さんま御殿!!豪華アスリート大集合もうすぐ春ですね祭!」(後7・00)に出演。以前、同番組へ出演したことが24歳下の男性との再々婚の決め手になったことを明かした。

 三原氏は16年10月に24歳下の公設秘書を務める男性と結婚。以前、同番組でその男性と失恋したことを告白していたが、「この番組の影響力は凄いと思いました。彼がみんなから呼び出されて、周りをガンガン固められて、“お前が振った相手なのか”“ちゃんと結婚できるのか”と言われて、結婚せざるをえなくなっちゃった」と明かした。

 これを聞いたMCの明石家さんま(62)は「うわ、かわいそう〜」と三原氏の夫に同情。「ごめんなさいね。背中を押して崖から落として」と話して笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年3月13日のニュース