“ハマの番長”三浦大輔氏「99.9」最終回登板、民放連ドラ初出演

[ 2018年3月13日 05:30 ]

TBSドラマ「99.9」に出演することが分かった三浦大輔氏
Photo By スポニチ

 元横浜DeNAベイスターズの“ハマの番長”こと三浦大輔氏(44)が、民放連続ドラマに初出演する。18日放送のTBS日曜劇場「99.9―刑事専門弁護士―SEASON2」(後9・00)の最終話に登場する。

 嵐の松本潤(34)演じる弁護士・深山が、無罪の可能性を信じて難解な刑事事件に挑むドラマ。番長の役どころは、深山が事件の捜査で見つけ出す重要なポイントに関わるキーマン。「マウンドでより緊張する」と言いながら、堂々の演技を披露。相手のアドリブに合わせてセリフの語尾を変える“変化球”でもスタッフを驚かせた。

 出演するのは最終回となる第9回。通算172勝の右腕が、クローザーのごとく9回のマウンドに立つ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年3月13日のニュース