大野拓朗“W売れない芸人”で「うじうじ感出た」朝ドラで好演中

[ 2018年3月13日 05:30 ]

映画「台湾より愛をこめて」の完成報告会見を行った(左から)落合モトキ、大野拓朗、岡本夏美、三原慧悟監督
Photo By スポニチ

 俳優の大野拓朗(29)が12日、主演映画「台湾より愛をこめて」(24日公開)の完成会見を都内で行った。

 NHK連続テレビ小説「わろてんか」で芸人を好演中だが、「台湾…」でも売れない芸人役。「“わろてんか”では売れっ子になったけど、この映画を撮ってる時はまだ売れてない時代を演じていたので、ダブルで売れない芸人を演じてうじうじ感が出た」と笑顔。2月に台湾東部で発生した地震の被災地に、興行収入の一部を義援金として送ることも発表した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月13日のニュース