のん、音楽活動でトーク力に自信「目覚ましい進化遂げた」

[ 2018年3月13日 12:06 ]

「プレミアムe―Bike“BESV”」を手に笑顔ののん
Photo By スポニチ

 能年玲奈から改名した女優・のん(24)が13日、都内で行われた電動アシスト自転車の「プレミアムe―Bike“BESV”新モデル発売記念イベント」に出席した。

 昨年から「BESV」のアンバサダー就任にしたのんは、「地方の仕事のときはBESVを持っていって、道が開いたところで気持ちよく乗っています」と明かし、「この前も岩手で1〜2時間ぐらい(自転車に)乗りました。稲穂が茂っている田園風景が気持ちよかったです」と笑顔。「(次は)地元の空気の中で風を切って、乗ってみたいですね」と語った。

 今回、電動アシスト自転車の新モデルが発表されたことを受け、自身のバージョンアップした点を問われると、「目覚ましい進化を遂げたところは、お話しするときにスムーズに話すことができるようになったこと」とトークへの自信を口に。「実感したのは今年に入ってからで、音楽活動をするようになってバンドでMCとかもあるので、緊張しないようにしようと心がけています」と語っていたが、次の質問で、作成に携わった特典クオカードのデザインの特徴について問われると「えっと…難しいですね」と言葉に詰まってしまい、苦笑いを浮かべていた。

 イベントでは、のんが新発売の自転車に試乗し、新モデルの乗り心地を体験し笑顔を浮かべていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年3月13日のニュース