真野恵里菜、野島伸司氏の衝撃タイトル作品で主演「彼氏をローンで買いました」

[ 2018年2月23日 12:00 ]

「彼氏をローンで買いました」に出演する真野恵里菜(右)と横浜流星(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
Photo By 提供写真

 女優の真野恵里菜(26)が人気脚本家・野島伸司氏(54)の書き下ろし作品で主演を務めることが23日、分かった。映像配信サービスdTVとFOD(フジテレビオンデマンド)の共同制作ドラマ「彼氏をローンで買いました」(3月9日配信)で、若手イケメン俳優の横浜流星(21)と共演する。

 脚本は「101回目のプロポーズ」「高校教師」など、ドラマ史に残る数々の名作を生み出した野島氏。衝撃的なタイトルの本作で描くテーマは「現代女性のリアル」。エリート彼氏と結婚して専業主婦になるという夢を持つ受付嬢の主人公が、夢を叶えるために猫をかぶりながら社会で奮闘するも、ストレスフルな毎日に不安をおぼえ、ストレス発散用に月額3万9800円のローンで彼氏を“購入”したことで動き出す恋愛物語。

 主演の真野は、受付嬢として男たちを虜(とりこ)にするも、本性は歯に衣着せぬ物言いで、日々抱えている毒を悪びれもせず吐きまくる2面性のある振り切ったキャラクターを演じる。そんな主人公のストレス発散用として購入されるローン彼氏は若手注目株の横浜を起用。主人公に自分の借金を肩代わりしてもらう代わりにどんな命令でも従順に従うキャラクターを演じ切っている。

 真野は舞台「ウサニ」以来の野島作品に「プレッシャーも感じますが、背筋が伸びる思いです!難しいことを考えずに、(主人公)多恵が夢の専業主婦になるために一喜一憂して奮闘する姿を見て笑って元気になってもらえたら嬉しいです」とコメント。

 野島作品に初参戦する横浜は「非現実的な設定もありますが、新たな野島さんの世界観が詰まっていて面白い。主人公の多恵が女性の本音を代弁しているので、女性の方は共感できると思います。多恵の選択を最後まで見届けてください」と力強くアピールした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年2月23日のニュース