大島由香里アナ 宮原&坂本に敬意「私が十代の頃何してたかな?」

[ 2018年2月23日 17:32 ]

大島由香里アナウンサー
Photo By スポニチ

 元フィギュアスケート選手・小塚崇彦氏(28)の妻で元フジテレビの大島由香里アナウンサー(34)が23日、自身のブログを更新。同日フリーが行われた平昌五輪フィギュアスケート女子シングルについて触れ「私が十代の頃何してたかな?」と選手たちに自身をだぶらせながら感嘆した。

 大島アナは「はぁぁ…」とのタイトルでエントリー。「十代で日の丸を背負うだけでも十分にすごいことなのにあの会場で力を出し切って見た人の心を震わすって本当に尊敬します。私が十代の頃何してたかな?」とショートプログラムに続いて自己ベストを更新し合計222・38点で4位に入った宮原知子(19=関大)と136・53点で6位入賞の坂本花織(17=シスメックス)を称えた。

 そして改めて「女子フィギュアスケート入賞おめでとうございます」と祝福。「出場した方みんなが眩しく輝いていました」とし、「私もがんばらなきゃ」と結んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年2月23日のニュース