福士蒼汰 主演映画撮影中に左足小指の骨にひびも…「大丈夫」

[ 2018年1月30日 05:41 ]

映画「曇天に笑う」完成披露プレミアイベントに出席した福士蒼汰
Photo By スポニチ

 俳優の福士蒼汰(24)が29日、東京都港区の増上寺で主演映画「曇天に笑う」(3月21日公開)の完成披露イベントを行い、撮影中に左足の小指の骨にひびが入ったことを明かした。

 明治初頭の滋賀県大津を舞台に、国の平和を守ることをなりわいとしている3兄弟の活躍を描く作品。着物姿にげたで行ったアクションで負傷したが、撮影に影響はなく自然治癒したという。福士は「動きは問題なくできたし大丈夫」と笑顔。中山優馬(24)は兄役の福士について「兄貴ってすぐに受け入れられた」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年1月30日のニュース