朝ドラ最終回“ひよっこロス”に希望の光 架純、続編「なんとでもつくれる」

[ 2017年10月1日 05:30 ]

「ひよっこ」のファン感謝祭に参加した(左から)泉澤祐希、佐久間由衣、有村架純、磯村勇斗
Photo By 提供写真

 NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」の最終回が30日放送され、主演の有村架純(24)らが、ロケ地となった茨城県高萩市で開かれたファン感謝祭に出席した。

 ネットなどで放送終了を惜しむ声が広がる“ひよっこロス”の中、有村が登壇。「この最後の時間を皆さんと共有でき、終わりの日にふさわしい時間になったのかなと思います。皆さん、たくさんの愛情をありがとうございました」と感無量の表情であいさつした。

 続編については「チャンスがあれば」と笑顔。「今まで何げない日常を描いていたからこそ(脚本家の)岡田恵和さんの力をお借りして、お話の続きがなんとでもつくれるんじゃないかなと思います」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年10月1日のニュース