松本人志 平昌五輪HPの地図問題に持論「放っておいたらいい」

[ 2017年10月1日 11:20 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(54)が1日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。2018年平昌冬季五輪組織委員会の公式ホームページ(HP)の世界地図に日本列島が表記されていないとして、日本のスポーツ庁が韓国側に修正するよう求めたことについて、「日本から言う必要ない」とコメントした。

 番組では、一連の流れを紹介しつつ、日本からの抗議を受けてサイトの地図は修正されたことを紹介。組織委員会は単純ミスとして謝罪しているが、一部では故意を指摘する声も出ていることなどに触れた。

 「南海キャンディーズ」の山里亮太(40)は「どういうプログラムの仕方をしているかわからない。世界中を手作業で足していけば忘れちゃった!というのがあるとは思う」と苦笑い。社会学者の古市憲寿氏(32)は「日本を軽んじているということはあったかもしれないが、意図的にそんなことしてもいいことない。よくわからない」と理解ができないとし、松本は「基盤があるわけで、それを引用しているんじゃないのかなぁ。それが抜けちゃうって…」と考えられないミスだと、首をひねった。

 そんな中、はるかぜちゃんこと春名風花(16)は「感情的に怒ってしまうと、その時点でこちらの負けになってしまう。やられた側はニコニコ笑って受け流したほうがいい。故意的にやったしてもそのほうがダメージを与えられる」と持論を展開した。その意見に、松本も「俺もそう思う」と賛同。「放っておいたらいい。気づかれたら逆においしいぐらいに言っておけばいい。日本から言う必要ないと思いました」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年10月1日のニュース