SW最終章監督に再びエイブラムス氏 19年12月公開予定

[ 2017年9月15日 05:30 ]

 人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」で3部9作品の最終章に当たるエピソード9の監督に、J・J・エイブラムス氏が再び起用されることが13日までに決まった。娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーが発表した。公開は2019年12月の予定。

 共同電によると、エイブラムス氏は15年のエピソード7「フォースの覚醒」で監督を務め、興行収入は世界で20億ドル(約2200億円)を超す大ヒットを記録。エピソード9は当初「ジュラシック・ワールド」のコリン・トレボロウ監督が務めるとされたが、意見の相違で外れたと先日報じられ、後任に注目が集まっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年9月15日のニュース