王将戦挑戦者決定リーグ出場7人決定 最上位者が久保王将と対戦

[ 2017年9月15日 05:30 ]

 将棋の第67期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)2次予選1組決勝が14日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、今期の棋聖戦挑戦者・斎藤慎太郎七段(24)が三浦弘行九段(43)を60手で下し、29日に開幕する挑戦者決定リーグ戦へ初進出を決めた。

 同リーグ戦の出場棋士は、前期7番勝負で失冠した郷田真隆九段(46)、初出場となる佐藤天彦名人(29)ら計7棋士。11月21日まで総当たり戦を行い、成績最上位者が来年1月開幕の7番勝負で久保利明王将(42)と対戦する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年9月15日のニュース