「ひよっこ」2度目放送休止 北朝鮮ミサイル余波

[ 2017年9月15日 08:01 ]

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロインを演じる有村架純
Photo By スポニチ

 北朝鮮ミサイル関連ニュースのため、15日午前8時から放送予定だったNHK総合の連続テレビ小説「ひよっこ」(月〜土曜前8・00)の第143話が休止になった。北朝鮮のミサイル発射による休止は8月29日に続いて2度目。

 放送開始時間の午前8時に、テロップで「『ひよっこ』はお休みにします」と表示し伝えた。

 今回同様、8月29日早朝の北朝鮮によるミサイル発射で午前8時からの放送分が休止になっていたこともあり、ネットでは放送前から「ひよっこ観れないフラグ」「またひよっこ休みかな」「朝ひよはお休み!?」などと気をもむ声が上がっていた。

 午前7時半からのNHK―BSプレミアムでは通常通り放送された。

 第143話のあらすじは、鈴子(宮本信子)に任された“新しい制服”のデザインを探そうと、休日の店内で本を広げていたみね子(有村架純)。そこに、同じく“新しいメニュー”を考えるため、秀俊(磯村勇斗)が顔を出す。それぞれの「宿題」にアイデアを求め合い、2人きりの時間を過ごしていると…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年9月15日のニュース