小泉今日子「うれしくて幸せ」講談社エッセイ賞を受賞

[ 2017年9月15日 05:30 ]

「第33回講談社エッセイ賞」の贈呈式に出席し、笑顔の小泉今日子
Photo By スポニチ

 女優の小泉今日子(51)が14日、都内で開かれた「第33回講談社エッセイ賞」の贈呈式に出席した。昨年4月出版の「黄色いマンション 黒い猫」で同賞を受賞。雑誌で10年間連載した「原宿百景」からエッセーだけを抜粋した作品で「賞を頂けると聞いた時はうれしくて幸せでした」と笑った。

 初めてエッセーを書いたのは20代の時。雑誌連載した「パンダのan・an」で、身近な家族の話を中心に書いたものだった。一冊の本になった時、同書を読んだ恩師の演出家・故久世光彦さんに「面白く書けてるけど、言って良い明るいことしか書いていないでしょう。いつかそうじゃないところまで書けるといいね」と助言を受けたという。今作もテーマは同様だが「その時におっしゃっていたことを書けた気がして、凄く楽しかった」と喜んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年9月15日のニュース