AAA 万感“誕生日”東京D公演 篠原涼子らもサプライズ祝福

[ 2017年9月15日 05:30 ]

東京ドームを熱狂させたAAAの(前列左から)末吉秀太、興真司郎、(後列左から)日高光啓、宇野実彩子、西島隆弘、浦田直也
Photo By スポニチ

 男女6人組「AAA」が14日、初の4大ドームツアーの東京ドーム公演を行った。この日は12年前にCDデビューした記念日。5万5000人のファンが記念日を祝った。

 最高の会場で迎えた“誕生日”。客席を見渡した浦田直也(34)は「東京の歓声が凄すぎて、緊張の度合いが凄い。スタンドもパンパン」と万感の表情を浮かべた。宇野実彩子(31)も「本当に凄い景色」とペンライトの光の輝きを見てウットリ。「晴れてよかった!」と満員の観客との記念日を大喜びした。3時間の公演でヒット曲「恋音と雨空」など23曲を披露。メンバーが仲良さそうにステージ上でじゃれ合うたびに大歓声が上がった。

 2月発売のアルバム「WAY OF GLORY」を引っさげた初の4大ドームツアー。東京、名古屋、大阪、福岡で8公演を開催し、観客動員予定は1回のツアーで自己最多となる32万人。5年前のツアーの動員が12万人だったことを考えると、大きな飛躍だ。

 円熟期を迎えている6人。アルバムはオリコン1位を獲得、先月の野外音楽祭「a―nation」では初めてトリを務めた。西島隆弘(30)がソロ公演で1万人以上の会場を満席にするなど個々の活動も順調。メンバーが観客に「初めてAAAのライブに来た人?」と聞くと多くの手が挙がった。新たなファンが増えている証拠だ。

 スペシャルゲストも観客を興奮させた。アンコールで最新曲「LIFE」を初披露すると、同曲が主題歌のフジテレビドラマ「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」(10月16日スタート)に主演する篠原涼子(44)らキャスト陣がサプライズ登場。トレンディエンジェル・斎藤司(38)は「せっかく東京ドーム来たから歌いたくなっちゃった」とAAAの曲を歌って盛り上げた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年9月15日のニュース