浜田雅功 声帯炎で「笑ってはいけない」会見欠席、松ちゃんが強烈ジョーク

[ 2016年12月7日 18:00 ]

日本テレビ「絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」記者会見に出席したダウンタウンの松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の浜田雅功(53)が7日、東京・汐留の日本テレビで行われた「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」“絶対に笑ってはいけない”シリーズ「絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」(31日後6・30)の会見を声帯炎のため、欠席した。

 会見冒頭、相方の松本人志(53)、落語家の月亭方正(48)、お笑いコンビ「ココリコ」の登壇後、司会の岩本乃蒼アナウンサー(25)から「浜田さんは体調不良から声帯を炎症しており、声帯炎と診断され、声が出ないため、本日はお休みです」と浜田の欠席が報告された。

 松本は「本当に申し訳ございます」と謝罪すると、「いま聞いたら、浜田さんは愛人のところで静養していると」とジョークを飛ばした。遠藤章造(45)から「そんなことはない」とたしなめられるも「遠藤、マジやで?」と譲らず笑わせた。

 ハードだった番組の撮影を振り返り、方正が「後遺症やと思う」と浜田を気遣うと、松本も「あれぐらいから体調悪くなった」と同意。田中直樹(45)も「思い返せば、収録時からその予兆があった」と切り出し、「廃校の校舎の下駄箱のところで、数ミリの段差でつまずかれたんです。その2時間後、同じ所でつまずかれたんです。その辺から疲労というか、何かあったのかなと。心配です」と話すと、松本が「浜田さんは同じところでつまずいている。この先もつまずくと思います」と真顔で返し、笑いを誘った。

 所属事務所によると、浜田はここ数日、体調を崩しており、声帯炎と診断された。この日、急きょ欠席が決まったといい、先週行われたレギュラー番組「ダウンタウンDX」の収録も欠席している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月7日のニュース