「君の名は。」興収200億円超え 「千と千尋」以来15年ぶり

[ 2016年12月7日 05:30 ]

アニメ映画「君の名は。」のビジュアル。(C)2016「君の名は。」製作委員会
Photo By 提供写真

 東宝は6日、新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」の国内興行収入が200億600万円に達したと発表した。邦画では宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」(2001年、興収308億円)以来、15年ぶりに200億円を超えた。興行収入ランキングは邦画で歴代2位、洋画を合わせて歴代5位。

 8月26日に封切られ、今月5日までの間で観客動員は1539万人。海外では92の国と地域での配給が決まっており、既に公開された中国、香港、台湾、タイでも封切り週の週末興行ランキングで1位になった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月7日のニュース