「森光子の奨励賞」に市村正親&北島康介氏 90歳まで現役!?

[ 2016年11月11日 05:30 ]

森光子さんの写真の脇でポーズをとる(左から)北島康介、プレゼンターの黒柳徹子、市村正親

 一筋の道を進む人を称える「第2回森光子の奨励賞」の授賞式が10日、都内で開かれ、俳優の市村正親(67)、元競泳選手の北島康介氏(34)が受賞した。

 市村はミュージカル界をけん引してきた功績を評価され「大変光栄です」と笑顔。「ミス・サイゴン」ではエンジニア役を初演の1992年から務めている。来年1月までの全国上演を最後に卒業するが、森光子さんが「放浪記」で林芙美子を90歳まで演じたことを引き合いに、「90歳まで舞台に立つという条件付きの賞ですね。90歳までエンジニアをやっていいと保証書をいただいた」と卒業を“撤回”した。

 北島氏は4月に現役を引退。「90歳まで選手は無理」と笑わせた。09年に放浪記の稽古場を訪問。実家の精肉店のメンチカツサンドが森さんの好物だった。「これからも水泳、スポーツ界に貢献していけたら」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年11月11日のニュース