吉本新喜劇の井上竜夫さん死去 「竜爺」の愛称 「おじゃましまんにゃわ」

[ 2016年10月7日 14:39 ]

井上竜夫さん
Photo By スポニチ

 「おじゃましまんにゃわ」などのギャグで知られる吉本新喜劇の役者で「竜爺(じい)」の愛称で親しまれた井上竜夫(いのうえ・たつお、本名=井上龍男)さんが5日午前4時20分、高度肺気腫のため兵庫県西宮市内の病院で死去した。74歳。兵庫県尼崎市出身。

 7日、所属事務所がファクスで発表。通夜は6日、葬儀・告別式は7日、尼崎市内で密葬で執り行った。喪主は妻・井上美重子さん。

 1963年、吉本新喜劇入団。71年には漫才コンビを組んだこともあったが、解散し、新喜劇に復帰。89年の「新喜劇やめよッカナ?キャンペーン」を乗り越えた。癒やし系のキャラクターを好演し、最近は和服姿で足元がおぼつかないおじいちゃん役を演じた。

 テレビドラマはNHK連続テレビ小説「ウェルかめ」(2009年)に出演した。

 最近は吉本新喜劇の小籔千豊(43)がフジテレビ「人志松本のすべらない話」で井上さんの話を披露していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年10月7日のニュース