鈴木一真 30年がかりで高校卒業「親不孝者の自分ですが…」

[ 2016年10月7日 12:10 ]

俳優の鈴木一真
Photo By スポニチ

 俳優の鈴木一真(47)が7日、自身のツイッターとインスタグラムを更新。「高校を中退した親不孝者の自分ですが、この度アメリカの高校を卒業しました」と報告した。

 英語で「私は高校を卒業するのに30年かかりました」とつづり、卒業証書とみられる画像をアップ。「American High School Academy」のリンクを貼っている。

 2014年、文化庁新進芸術家海外研修制度でロサンゼルスに留学。15年3月からは日米芸術家交換プログラムで渡米している。

 1987年、モデルデビュー。「MEN’S NON―NO」「MEN’S CLUB」などの雑誌で人気に。95年、俳優転身。NHK連続テレビ小説「天うらら」、映画「愚か者~傷だらけの天使」「BANDAGE」「ライアーゲーム」などで活躍している。

 10年3月には17歳年下の会社員女性と結婚した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年10月7日のニュース