優秀主演女優賞の吉永小百合、左手首骨折を明かす「過信と油断のせい」

[ 2016年3月4日 22:04 ]

日本アカデミー賞の授賞式に出席した吉永小百合。左手首には包帯が

 第39回日本アカデミー賞の授賞式が4日、都内のホテルで開かれ、「母と暮せば」(監督山田洋次)で優秀主演女優賞の吉永小百合(70)は左手首に包帯を巻いた姿で登場。「滑って転んで骨折してしまいました」と明かした。

 関係者によると、先月20日に雪の降る地方で仕事中に坂道で転倒し、体重がかかった左手首の橈骨(とうこつ)を骨折。同22日に手術、その後は療養していたという。

 吉永は「油断しちゃったのかな。過信と油断のせいだと思います。気を取り直して、体づくりを頑張ります」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年3月4日のニュース