里見浩太朗、松方弘樹の快方願う…中村梅之助さん劇団葬に参列

[ 2016年3月4日 06:45 ]

中村梅之助さんの祭壇

 NHK大河ドラマ「花神」や「遠山の金さん捕物帳」で知られ、1月18日に肺炎のため85歳で亡くなった俳優で劇団前進座代表の中村梅之助(なかむら・うめのすけ、本名三井鉄男=みつい・てつお)さんの劇団葬が3日、東京・青山葬儀所で営まれた。

 俳優里見浩太朗(79)、西郷輝彦(69)ら750人が参列。里見は「会うと必ず“よう、元気?”とあいさつしてくれたのが忘れられない」と惜しんだ。西郷は「どれだけの役者が梅之助さんの金さんを見て目標にしたか。本当にお疲れさまでした」と語った。

 また、里見は脳リンパ腫で療養中の松方弘樹(73)について「電話をかけたけどつながらなかった。昨日事務所を通して詳細を知った。いつもの調子で“終わったよ!”って帰ってくると思います」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年3月4日のニュース