長男のロス滞在知らず 小澤征爾氏「授賞式の代理を別の人に…」

[ 2016年2月18日 05:30 ]

グラミー賞を受賞し、記者会見する指揮者の小澤征爾さん

 16日に米音楽界の最高栄誉「グラミー賞」を最優秀オペラ録音部門で受賞した指揮者の小澤征爾さん(80)が17日、京都市内で会見し、受賞CDに収録されたラベルの歌劇「こどもと魔法」が「これをきっかけにポピュラーになると本望です」と晴れやかに語った。

 過去8回ノミネートの事実も「あまり分かっていなかった」といい、受賞を驚いた。長男で俳優の小澤征悦(41)からの祝福はまだだが、「今、ロサンゼルスにいる。そうとも知らず、授賞式の代理出席を別の人に頼んでしまった」と笑った。

 受賞作は2010年に食道がんの手術後、本格復帰した公演を収録。「当時は今よりもっとオタオタしていた」と振り返り、「それまで自分の体なんて考えたことがなかった。何とか皆に迷惑をかけないようにやっていきたい」と、今後の活動にも意欲を示していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年2月18日のニュース