はかま満緒さん死去 欽ちゃん沈痛「ごちそうする約束が…」

[ 2016年2月18日 05:30 ]

死去したはかま満緒さん

 NHK・FMのトーク番組「日曜喫茶室」や日本テレビ「シャボン玉ホリデー」で知られる放送作家のはかま満緒(はかま・みつお、本名袴充夫=はかま・みつお)さんが16日、心不全のため東京都内で死去した。78歳。東京都出身。

 通夜は24日午後6時、葬儀・告別式は25日午前9時半から、いずれも東京都品川区西五反田5の32の20、桐ケ谷斎場=(電)03(3491)0213=で。喪主は妻の玲子(れいこ)さん。

 はかまさんは16日昼ごろ、東京都大田区の自宅で倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認された。前日の15日に臨んだ「日曜喫茶室」が最後の仕事で、収録に参加したスタッフによると、「普段と変わった様子はなかった」という。

 訃報から一夜明けた17日、親交があった萩本欽一(74)がはかまさんの自宅を弔問。新人時代の1963年からはかまさんの下で笑いを学び、「先生」「欽ちゃん」と呼び合う仲。半年前にはかまさんの自宅で一緒に食事したのが最後で「(萩本の通う駒大が)春休みになったら恩返しのつもりでご飯をごちそうすると約束していたのに」と悔やんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年2月18日のニュース