水野美紀 遠藤憲一に責められ「ちびるかと思いました」

[ 2016年1月6日 16:09 ]

ドラマ「逃げる女」試写会に出席した水野美紀

 女優の水野美紀(41)が6日、都内でNHKのドラマ「逃げる女」(9日スタート、土曜後10・00)の試写会に出席した。

 冤罪で8年間服役していた女が、裏切った親友を探す旅の中、新たな殺人事件によって逃避行へと変わっていくサスペンス・ロードムービー。主演の水野は「やりがいのある役。一筋縄ではいかない脚本に刺激を受けた」と手ごたえ。撮影では「皆さんとは敵対する役同士なので、仲良くもせず、とても緊張感ある距離を保ってます。この役を全うして皆さんとお酒を飲みに行きたい」と願望を語っていた。

 また水野は印象的なシーンを聞かれ、刑事役の遠藤憲一(54)とのシーンを挙げた。「自白を強要されるシーンなんですが、遠藤さんのアドリブで責め立てられ、(怖くて)ちびるかと思いました」と告白し、会場の笑いを誘った。この日の試写会には仲里依紗(26)、賀来賢人(26)も出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年1月6日のニュース