大場久美子の父死去 10年以上がん闘病、大みそかの朝に…

[ 2016年1月6日 05:30 ]

 女優で歌手の大場久美子(55)の父・大場宣夫(のぶお)さんが、昨年12月31日に死去していたことが5日、分かった。84歳だった。

 所属事務所によると、宣夫さんは10年以上前に肝臓がんと診断され、入退院を繰り返していた。昨秋から大場の自宅で闘病を続けていたが、大みそかの早朝、大場や親族が見守る中、息を引き取ったという。

 通夜は7日、葬儀・告別式は8日に東京都内で営まれる。喪主は長女の大場(本名・宮里久美子)が務める。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年1月6日のニュース