近松役の松尾スズキ、視聴率欲しい!「たとえドロボーと言われても」

[ 2016年1月6日 06:39 ]

NHK木曜時代劇「ちかえもん」試写会に出席した(左から)脚本の藤本有紀さん、音楽の宮川彬良氏、青木崇高、松尾スズキ、富司純子

 NHK木曜時代劇「ちかえもん」(14日スタート、後8・00)の第1話試写会が東西の同局であった。近松門左衛門作「曽根崎心中」の誕生秘話を大胆に創作し、さえない中年作家近松を描く痛快時代劇。

 大阪での試写会後の記者会見で近松役の松尾スズキ(53)は「(米映画の)シックス・センスを超えている」と力説した後に「証明するためには見てもらわないと。視聴率が欲しいなと、テレビに出て初めて思いました」と続けた。

 さらに、松尾は局内で連続テレビ小説「あさが来た」に出演中の波瑠(24)と出会ったことを明かし「視聴率で輝いていた。その視聴率の輝きをガバッと欲しいと、そんな気持ちにかられました。たとえドロボーと言われても」と笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年1月6日のニュース