NHK「ドクターG」が阿藤快さん追悼文 9月20日収録分を放送

[ 2015年12月3日 22:53 ]

俳優の阿藤快さん

 NHKは3日、先月14日に大動脈瘤(りゅう)破裂胸腔(きょうくう)内出血のため死去したタレント阿藤快さん(享年69)がゲスト出演した医療バラエティー番組「総合診療医 ドクターG」(木曜後10・00)を予定通り放送した。

 「沖で腹痛に倒れた漁師」の回で、9月20日に収録されたもの。同局が遺族、所属事務所側と相談した結果、放送することで合意していた。番組では冒頭に「この番組は9月20日に収録したものです」とテロップで断りを入れ、さらにエンディングで「11月14日に亡くなられた阿藤快さんのご冥福をお祈りいたします」という追悼文を流した。

 番組は「ドクターG」と呼ばれる名医と研修医3人が、VTRで患者の病状を確認しながら原因や病名を考察するもの。スタジオゲストとして出演した阿藤さんは健康への不安など感じさせない元気な様子でコメントしていたが、医師たちの討論の中には、阿藤さんの死因となった「大動脈瘤」の言葉も登場した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年12月3日のニュース