高畑監督に米アニメ功労賞 過去に手塚治虫さん、宮崎駿監督も受賞

[ 2015年12月3日 05:30 ]

 「アニメ界のアカデミー賞」と呼ばれるアニー賞を主催する国際アニメ映画協会は1日、功労賞の一つで、アニメ界への長年の貢献を称える「ウィンザー・マッケイ賞」を日本のアニメ映画監督の高畑勲氏(80)に授与すると発表した。

 高畑監督は「火垂るの墓」や「かぐや姫の物語」で世界的に知られる。同賞は過去に漫画家の手塚治虫さんや宮崎駿監督、漫画家で映画監督の大友克洋氏も受賞した。共同電によると同協会は1日、来年のアニー賞ノミネート作品も発表。米林宏昌監督のスタジオジブリ作品「思い出のマーニー」や細田守監督の「バケモノの子」がノミネートされた。賞の発表・授賞式は来年2月6日。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年12月3日のニュース