NHK山形 お天気お姉さん「混乱」本番中に泣き出すハプニング

[ 2015年12月2日 10:50 ]

 1日に生放送されたNHK山形放送局「ニュースやまがた6時」(後6・10)のお天気コーナーで、気象予報士の岡田みはるさんが突然泣き始めるハプニングがあった。同局によると、涙の理由は「当初、鶴岡のお天気カメラの映像が出るはずが、新庄の映像が出てしまった。中継映像が予定と違い、本人が混乱した」ため。2日の出演は検討中。岡田さんは今年4月からレギュラー出演している。

 岡田さんは「師走のスタートはこの時期らしく、ひんやりとして…」と語り始め、通常通り、お天気コーナーは午後6時半にスタート。しかし「現在の鶴岡市の様子を見てみましょう」と紹介したところで、画面に映ったのは新庄市の映像だった。

 番組スタッフから「新庄、新庄」と訂正を求める声がかすかに聞こえ、岡田さんは「え、現在の新庄市の様子です」と言い直した。

 すると、約30秒後。県内の最低気温を読み上げている最中に「酒田6度1分、新庄3度9分でした…」と涙声になった。

 直後、涙をふく岡田さんが映し出され、約10秒間の沈黙。「今日の雲の様子を振り返ります…。低気圧はオホーツク海に…」と天気予報を続行しようとするが、涙は一向に止まらず、お天気コーナーは中断された。

 画面はスタジオへと切り替わり、男性キャスターが「失礼しました。ではニュースを続けます」と謝罪を入れた。

 岡田さんは11月29日、自身のブログで「週末、ぐったりしていたら、友だちが連れ出してくれました」と友人とそばを食べに外出したことを報告。「疲れ過ぎて、ごはんが食べられない…と困っていたので、助かった~」と疲労があったことをうかがわせている。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年12月2日のニュース