浜ちゃん「笑ってはいけない」スタッフと信頼崩壊 修復は「金しか…」

[ 2015年12月2日 18:00 ]

会見に出席した(左から)月亭方正、ダウンタウンの松本人志、浜田雅功、ココリコの遠藤章造、田中直樹

 日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の大みそか年越しスペシャル「絶対に笑ってはいけない名探偵24時!」(後6・30~深夜0・30)の記者会見が2日、東京・汐留の同局で行われた。

 「ダウンタウン」の松本人志(52)と浜田雅功(52)、月亭方正(47)、「ココリコ」の遠藤章造(44)、田中直樹(44)のレギュラー陣が、タキシード姿で勢ぞろい。メンバーがさまざまなドッキリを仕掛けられ、笑うたびに尻を叩かれるスペシャルも今年で10年目を迎え、既にロケを終えた松本は「無事ではなかったですよ。あちこち、ガタがきていますしね。まあ卒業、ファイナルにふさわしいと感じた。ひと区切りにはなると思う」と過酷な撮影にうんざりした様子だ。

 浜田も、「例年通り、しんどいことはしんどい。個人的には、スタッフとの信頼関係が年々なくなってきていたが、今年の年末で完璧にブチーッと切れましたね」と恨み節。関係修復の可能性について問われると、「無理ですね。あとは金しかないな」と言い放った。

 事前に痛み止めの薬を飲んでロケに臨んだという方正だが、「頭痛には効くかもしれないけれど、尻には全く効かなかった。今まで一番、尻が痛かった。帰って風呂に入ったら激痛が走ったんだから」と苦笑い。松本は「それ、ドーピングやん」とダメ出ししたが、浜田は「そのシーン、めっちゃ面白いですよ。どつかれてもいいから、ずっと笑っていたから」とおススメしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年12月2日のニュース