品川祐男泣き 姉・実花さんの闘病生活を一家がTV初告白

[ 2015年11月23日 10:00 ]

姉の実花さんについて語り、感極まる品川祐(C)TBS

 お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐(43)、母のマダム路子さんが23日に放送されるTBS「私の何がイケないの?」(月曜後7・00)に出演。一家が秘密にしてきた品川の姉・実花さんの闘病生活と家族の思いをテレビ初告白する。

 2010年2月、4人きょうだいの末っ子にあたる品川から見て次姉の実花さんに悪性脳腫瘍が見つかり、余命4カ月と診断される。家族のムードメーカー的な存在で、品川が荒れがちな時代には親身になって叱ってくれたこともあるという実花さん。きょうだい4人、マダム路子さんとも忙しい日々を過ごし家族が集まることは多くなかったが、実花さんの病気がきっかけになり自然に家族一丸となった。

 品川が当時家族へ送ったメールには「病気って嫌だし悲しいけど、兄弟姉妹が一つになって闘う初めてのチャンスだと思う。俺は治るって信じる。だから悲しくても悔しくても実花姉ちゃんの前では徹底的に楽しく過ごす」と記されていた。一家は1人1人がお笑い芸人になったかのように、実花さんを笑わせよう、笑わせようと努めていたという。病室を出ると涙することもあったが、実花さんの前では悲しい表情を決して出さなかった。

 品川一家とともに実花さんを支え続けた夫の裕二郎さんは「悲しいことを思い出すことも正直ありますけど、感謝していることが多い。品川家の皆さんに本当にきょうだい、家族のように接してもらっているから、そういう意味では心が温かくなる時間が多いと今すごく感じます」と家族の絆への感謝を口にした。

 初めて実花さんの闘病を明かすことを決意した理由をマダム路子さんはこう話す。「娘が周囲の人にどれだけ愛されていたか、この世に存在したということを伝えたい。泣いているのは今回限りにしたい」。品川も姉の人生を振り返り「短いけど、良い一生だったと思います」と男泣きした。

 闘病の末、実花さんは12年1月に天に召されたが、周囲のサポートの甲斐あって余命4カ月と宣告されてから1年11カ月生き抜いた。病の影響で記憶に障害も生じる中で、一時は驚異的な回復を見せた実花さんの奇跡とは――。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年11月23日のニュース