「結婚式の前日に」珍しい女性P&演出コンビ 男性描写にこだわり

[ 2015年10月27日 10:30 ]

「結婚式の前日に」で親子を演じる香里奈(左)と原田美枝子(C)TBS

 TBSの連続ドラマ「結婚式の前日に」(火曜後10・00)は、男社会のテレビ業界では珍しく、新井順子プロデューサー、演出の塚原あゆ子氏と、ともに女性が担当している。女性によるタッグならではのこだわりや狙いを新井プロデューサーに聞いた。

 「結婚式の前日に」は結婚式100日前に脳腫瘍と診断されたOL・芹沢ひとみ(香里奈)と、28年ぶりに帰ってきた母親(原田美枝子)の絆を描くヒューマンストーリー。新井プロデューサーと塚原氏とのタッグは2013年1月クールに放送されたTBS「夜行観覧車」に始まり「Nのために」「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」、そして今回で4作品目となる。

 女性のチームだからこそのこだわりは男性の描写。男性スタッフに「こんな男はいない!」と反対されても「いなくていいんですよ!女性が求める男性をやってほしい」と押し通すのだという。

 例えば、ひとみの婚約者・園田悠一(鈴木亮平)は少しそそっかしいところもありながら人格者で彼女思いで裕福で…と非の打ち所がない役どころ。演じながら「大丈夫?こんな男」と戸惑うこともある鈴木に対して「最高です」と太鼓判を押しているのだとか。「恋愛ドラマって女性の理想しかないんじゃないかな」と笑った。

 ひとみの幼なじみ・前原翔太(山本裕典)は、これまで山本が演じてきたやんちゃなイメージとは違う「普通、そのへんにいそう、安心できる人」という設定に。自然とテンションが高くなりがちな山本の演技に「違う、違う!トーン下げろ!」と塚原氏が厳しく指示を出していることを明かしニヤリ。総じて女性のキャストより男性のキャストに対して求めるハードルが高くなるようだ。

 また、今回の作品に込めたのは「闘病ものだけど、見ていて苦しいという感じにならないようにしたい」という思い。特に27日に放送される第3話以降はひとみが脳腫瘍を受け入れ始め「悲しくて泣くというより希望で泣く」ようになっていく。

 母・可奈子との関係や家族がそれぞれ抱える秘密など、今後も「泣ける」仕掛けが盛りだくさん。「“涙活”って流行っているじゃないですか。いま泣ける作品がなかなかなくてアクションだったり明るい作品が多い中、1週間に1回くらい泣いて涙活して心を洗っていただきたい。それが悲しい涙じゃなくて明るい涙で心を満たして欲しいですね」。思う存分泣いて欲しいと訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年10月27日のニュース