元女子アナ松本圭世さん MX開局20周年記念アナ最終候補に

[ 2015年10月27日 08:00 ]

松本圭世さん

 元アナウンサーの松本圭世さんがTOKYO MX開局20周年特別企画として募集した“アニバーサリーアナウンサー”の最終候補5人に残ったことが26日、分かった。最終選考ダンスバトルの様子が特設サイトで公開中。選考結果は今月31日に発表される。

 応募総数464人の中から書類選考を通過したのは15人。そこから“アナウンス部長”のカンニング竹山(44)が独自の面接で5人を選んだ。

 5人は、同局の看板番組「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)の人気コーナー「ダンシング天気予報」に出演するプロダンサー・えんどぅ(28)が審査を行う「9レイジーダンス選考」に挑戦。開局20周年キャッチコピー「9レイジーだぜ。」に最もふさわしいダンスを披露した人が“アニバーサリーアナウンサー”に就任。11月1日午後6時から生放送される特別番組に出演する。

 松本さん以外の4人は、NHK報道キャスターを務めたこともある超ベテラン・大村朋子さん、Gカップ気象予報士・穂川果音さん、元プロダンサーの船越真衣さん、デカ尻自慢女子・小高ちひろさん。

 カンニング竹山は「人生初のアナウンサーの採用面接官ということで、多少緊張はしていましたが、15人の応募者全員が揃いも揃って芸人の私でもビックリするほどクセのある、おもしろい方々だったので、楽しみながら面接をさせてもらいました。とはいえ、そこから5人を選ぶのは大変難しく、TOKYO MXの開局20周年を象徴することができる“9レイジーさ”を持ちながら、実際に特別番組でアナウンサーとしてもしっかり役割もこなせそうな方を厳正に選ばせていただきました」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年10月27日のニュース