コロチキ キングオブコント優勝後「仕事が20~30倍」

[ 2015年10月27日 14:54 ]

 「キングオブコント2015」で8代目王者となったコロコロチキチキペッパーズが27日、大阪・よしもと漫才劇場で行われた同劇場1周年の「似顔絵コンテスト」の開催会見に出席した。

 優勝後「仕事が20~30倍になった」と西野創人(24)が話すなど急に知名度が上がったコロチキの2人は、司会を務めたアインシュタインの河井ゆずる(34)と稲田直樹(30)からいじられっぱなし。26日のイベントで“V逸”したバンビーノの石山大輔(30)が「勝っていた。会場の空気も勝っていた」と悔しがっていた様子を伝え聞くと、ナダル(30)は「言われましても勝っちゃいましたし…」。少し間を置いて「キングオブコントでは勝ちましたけど、実力では勝ってると思ってない」とフォローしたが、顔は笑っていた?

 26日にはM―1の関西地区3回戦に出場していた。手応えを問われるとナダルは「あまり言いたくない」と言い、西野は「かるすべりしました」。29日に発表がある準々決勝進出の可能性には「知名度を含めると40~50%。(知名度)なしだと10%」(ナダル)と謙虚だった。

 今回の「似顔絵コンテスト」はよしもと漫才劇場に出演する芸人の似顔絵を募集する。11月24日同劇場必着、または期間中に持参も可。結果は12月1日に劇場ホームページで発表され、審査基準は芸人への気持ちが表れている作品。最優秀作品に選ばれた作者には、その作品の芸人からクリスマスプレゼントがもらえる。審査員には、お絵描き芸人・マユリカ中谷、蛙亭中野、kento fukaya。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年10月27日のニュース