本田翼 仕事観を明かす 将来「女優をやっていなくてもいい」

[ 2015年10月27日 09:30 ]

インタビューに答える本田翼
Photo By スポニチ

本田翼インタビュー(下)

 10年先、20年先に何をしているかなんて分からない。本田翼(23)は「毎日毎日を懸命に生きて、その結果、女優をやっていても、やっていなくてもどっちでもいいんです」と関係者をのけぞらせるようなことを自然体で語る。大切なのは今。その今の羽ばたきを見逃したくない人だ。

 最新映画「起終点駅 ターミナル」(11月7日公開)は食べるシーンが効果的に使われる。佐藤浩市(54)扮する「鷲田完治」が調理するザンギ。鶏肉をしょうゆやショウガにんにくタレに漬け込んで下味をつけてから揚げる地元でおなじみの料理だ。

 「(私が演じたのは)家出してきた女の子で、カレ氏は覚せい剤常用者。正直、演じた敦子と共通点を見いだすのは大変かなと思っていたんです。でも完治さんのおうちに行って朝食を一緒に食べる場面。ザンギを口にした時に“おいしい”という言葉がこぼれ出るんです。たぶん、性格がひねくれていたら“おいしい”なんて言わずに黙々と食べるだけ…そう思ったんです。でも、あの子は素直に“おいしい”と言えた。だから“あっ、意外と素直なんだな”と共感できたんです」

 そして「自分が避けてたもの、逃げてきたものに、もう一度向き合う勇気をもらえる作品になっていると思います。見てくださった方にもそう思っていただけるんじゃないかな」と強調した。

 「撮影のときは22歳。この年齢で佐藤浩市さんとご一緒できたこと、2人芝居ができたことはとても名誉なことだと思います。ご一緒できたという事実が自分の中にあるだけで自信につながるというか、精神的な支えになるというか」

 とはいえ、10年先20年先のことはまだ考えられないと明かす。「毎日毎日を懸命に生きて、その結果、女優をやっていなくても、それはそれでいいと思っているし、逆に女優を続けてたなら、それも良かったなと思ったりするんでしょうね。分かれ道が訪れれば、その時その時に決断し、自分が好きなように生きていけたらいいなと思ってます」

 大学受験に失敗し、進路に迷った高校3年生の3月。母親から「浪人するか、(モデルの)お仕事を続けるか、自衛隊に入るか。どれがいい?」と3択を迫られたそうだ。自衛官は入隊したときから給料が出るからという理由だったらしい。テレビのトーク番組で明かされた話だが、「本当の話です」と笑う。

 「自衛隊に入っていたら、どんな自衛官になっていたでしょうね?」と聞くと、少しの間を置いて「ここでお会いはしていなかったでしょうね」とニヤッと笑った。

 ▼物語 妻子を捨て、釧路で国選弁護人として生きる鷲田完治(佐藤)と、覚せい剤事件で被告となった女(本田)の出会いと別れを描く人間ドラマ。それぞれ人生の終着駅と思っていた釧路の街は、次第に新しい人生への出発点となっていく。尾野真千子、中村獅童ら共演。My Little Loverが主題歌を歌う。東京国際映画祭で31日にクロージング上映される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年10月27日のニュース