浅野忠信、ハロウィーンでメイド仮装!?「楽しそうじゃないですか」

[ 2015年10月27日 21:40 ]

映画「グラスホッパー」のハロウィーンイベントに登場した浅野忠信

 俳優の生田斗真(31)主演の映画「グラスホッパー」(監督瀧本智行、11月7日公開)の「ハロウィーン試写会」と題したイベントが27日、都内で行われ、浅野忠信(41)、山田涼介(22)ら主要キャストが顔をそろえた。

 ハロウィーンにちなみ、詰めかけた約400人のファンは全員が悪魔やゾンビ、ナースといった思い思いの仮装をしてきたが、生田は血のりメークなどを見て「とってもありがたいんだけれど、気持ち悪いね」と正直な感想を吐露。それでも、「血のり、好きなんですね。僕もテンション上がるんですよ。あれ、飲み込んでも大丈夫なようにイチゴ味なんです」と、うんちくを披露しながらフォローした。

 過去の仮装体験については、生田が「友達が用意したアイアンマン」、山田が「ドラキュラのマントにピエロのお面という、よく分からないやつ」とそれぞれに披露。今年のハロウィーンの予定は全員が決まっていなかったが、浅野が「皆を見ていたらやってみたくなった。楽しそうじゃないですか」とポツリ。この日はコートをはじめ全身黒ずくめにサングラスと、役の殺し屋になりきっていたが「メイドさんとか、いいですね。なかなかできないから」と意外な嗜好(しこう)を見せ、他の出演者を驚かせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年10月27日のニュース