市原悦子「女優より楽しい」麻雀にハマる「だまし合って…」

[ 2015年6月16日 11:06 ]

麻雀にハマっているという市原悦子

 女優の市原悦子(79)が16日放送のフジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)にVTR出演し「女優より楽しい」と現在は麻雀にハマっていることを明かした。

 同番組の単独インタビューに応じる形で、演技に対する思いなどを披露。58年のキャリアがありながら「まだ足りない。ほんの“点”でしかない」など、いまだに芝居への飽くなき向上心を口にした。

 そんな女優一筋の市原が現在ハマっているものとして挙げたのが麻雀。月2回、スタッフらと麻雀卓を囲んでいるといい「楽しい!女優より楽しい」と声を弾ませた。

 「勝負だから、だまし合って、嘘言って…」とその魅力を説明。ポーカーフェイスで相手に手を読まれないようにするのが楽しいという。その裏にあるのは「演じること」。どこまでも女優の顔を見せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年6月16日のニュース