CCBのベース渡辺、大動脈解離で緊急入院 ツアー全5公演中止

[ 2015年6月16日 05:30 ]

「C-C-B」の(左から)田口智治、渡辺英樹、笠浩二、米川英之

 「Romanticが止まらない」の大ヒットで1980年代に活躍したロックバンド「C―C―B」のベーシスト、渡辺英樹(55、写真)が大動脈解離で入院したことが15日までに分かった。関係者によると、12日夜に都内の自宅で吐き気を催して緊急搬送された。現在、経過観察中で具体的な容体は不明だが、関係者は「家族から落ち着いてきていると聞いている」と説明した。

 今月14日から予定していた同バンドの再結成ツアー(計5公演)は中止とした。後日、チケットを払い戻すという。渡辺のブログでは「容体などお知らせできる情報が入りましたら、このブログでお知らせしますので、静かに見守ってください」と呼びかけている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年6月16日のニュース